メインイメージ

 

「資金繰りが限界だ・・・」

「何度もかかってくる借金の督促の電話が怖い・・・」

「今月の支払いはどうしよう・・・」

 

借金を背負っていると辛いことがたくさん降りかかってきます。

 

「今月はプロミスに5万円の借金を返さないといけないんだけど、お金が足りないからレイクから2万円借りよう。」

 

これではお金がぐるぐる回っているだけで無意味だな、と分かっていても借金の督促が怖いからそうせざるを得ない場面も多々あります。

 

このように日々の借金の完済に追われていると、長い目で借金と向き合うことはなかなか難しいものです。

 

私達は今までそのような方に多くの手を差し伸べ続けてきました。

 

するとどうでしょう、出会った方は皆

 

「世界が変わった!」

「昔の自分を取り戻せた!」

 

と光に照らされたような表情で語りかけてくださいます。この時いつも、私達は弁護士をやっていて良かったなと充実感を感じるのです。

 

しかし、一方で今なお苦しい思いをしていらっしゃる方を見ると、私達はもどかしくなって胸が締め付けられる思いになります。

 

そんな中、「私達の知識を生かして、少しでも多くの方に笑顔になって欲しい!役に立ちたい!」との思いからこのサイトを立ち上げました。

 

借金完済への道は誰にでもあります。そのロードマップをこのサイトで分かりやすくまとめましたので、お役にたてれば幸いです。

 

 

【お金を借りて完済する】

この項目では、お金を借りて借金を完済する方法をご紹介します。

 

借金を完済する為に借換えを利用するなら、どんな消費者金融を選べばよいか

借金を完済するために、より金利の低い業者からお金を借り、元々借りていた消費者金融へお金を返すことを「借換え」と言います。この借換えを利用する時には、一体何に気を付けなければならないのでしょうか?

 

親族にお金を借りて借金を完済する

消費者金融での借金を完済する方法として、親族にお金を借りるという方法があります。

親にお金を立て替えてもらうに当たり、覚悟しておかないといけない事があります。それは、親族からお金を借りた場合に思いのほか「精神的な負担」がのしかかるという事です。

 

親族から借りることは借り換えと比較してどんなメリットがあるのか

借換えと比べて、親族から借りることは大きなメリットがあります。それは、「金利」がかからないことです。また、それだけではなく・・・

 

 

【自力で完済する】

この項目では、自力で借金を完済する方法をご紹介します。

 

退職金をもらい借金を完済する

退職金をもらい、それを借金の完済に用いるという方法があります。

また、これには、「30代、40代で会社を辞めることで退職金を受け取る」やり方と、「定年まで勤務して退職金を受け取る」やり方の2つの方法があります。

 

生活費を切り詰めて、借金を完済する

生活費を切り詰めて、借金の返済を行なって行くというのが最も一般的な方法です。

しかし、結婚されておられる方はパートナーに打ち明け、協力してもらう必要があるでしょう。

 

 

【法律を用いて完済する】

この項目では、法律を用いて借金を完済する方法をご紹介します。

 

債務整理で借金完済する

「何をするのだろうか?」「悪影響は無いだろうか?」など、法的な手段で解決する事に不安を感じる方は、じっくり読んでいただいた方がよいでしょう。

このページでは、債務整理で何をするのか、そして悪影響があるのかを説明致します。

 

消費者金融へ交渉して借金を完済する

法的な手段とは言えないかもしれませんが、消費者金融と交渉して、金利を下げてもらうなどお願いをすることが出来ます。これは、我々弁護士が行なうのではなく、ご本人様に行なって頂く必要があります。

 

特定調停で借金を完済する

特定調停とは、裁判所でご本人様と消費者金融との間で話し合いをし、現実的に借金の返済が可能なように支払いの計画を立てるというものです。

では結局、債務整理と特定調停のどちらを行なえば良いのでしょうか?

 

 

【あなたの借金はいつ完済できるのか?】

「自分の借金の元金が減らない・・・」

「一体いつになったら借金を完済出来るのだろう・・・」

このような不安を感じたことはありませんか?

このページでは、これまで香川・高松の吉田泰郎法律事務所で借金を完済した方の実例をご紹介しております。

 

 

【パーフェクト講義!借金完済教室】

このページでは、借金完済に役に立つ様々な知識を紹介しております。

あなたの借金完済のお役に立つよう、どんどん情報を更新しております。

 
 
弁護士による借金完済講座 無料相談バナー

 

 

【当法律事務所に頂いたご相談を紹介】

 

Q:借金を何とか完済したいと考えていますが、収入が増えないので無事に借金を完済出来るか不安です。借金を完済する手立てを教えてください。

 

 

A:あなたの借金がなかなか減らず、完済できない理由を一緒に考えてみましょう。

良くある借金が減らない理由を以下に挙げます。

この中にあなたが思い当たる理由がありますか?

 

■借金の完済を目指し、お金を返していると与信枠が増えます。それが嬉しくなって、つい新たな借り入れをしている

貸金業者が一般消費者にお金を貸すのは利息収入を得るためですから、たくさんお金を貸すほど儲かります。

そのため、借金を返し続けて元本が減った優良な借り手に対して与信枠(お金を貸し出す最大額)の引き上げをするなどして、もっとお金を借りてもらおうとします。

 

しかし、それを社会的な信用度が上がったなどと喜んで新しい借金をすれば、いつまで経っても完済の日は訪れません。

 

多くの消費者金融が採用しているリボ払いは、返済を開始した初めの頃は、月々の返済額に対して利息が占める割合が大きく、返済を続けるうちに元本の減る割合が増えていきます。

借金が減ってきた時こそ、借金を増やさないようにする我慢の時です。

 

■今より利息が高い時代に借りた借金を返済中なので、返済金額のほとんどが利息に消えていき、元本がなかなか減らない

2010年6月8日に法律が改正されて、グレーゾーン金利が撤廃されるまで、貸金業者は出資法の上限金利20.0%を超える利息で貸付を行っていました。

そのため、それ以前に借りた借金がある場合、現在でもグレーゾーン金利を支払って返済している可能性があります。

 

過払いが発生しているかどうかを調べ、貸金業者に払い過ぎたお金がある場合は、そのお金を取り戻すことで借金を大幅に減らすことができます。

 

元本より過払いの金額が大きければ、一気に借金を完済して借金ゼロの日々が訪れます。

 

■ベースアップの据え置きやボーナスカットなど、予定していた収入が得られないので返済がキツイ

収入の変化によって借金の返済予定が狂うというのは良くあることです。

しかし、返済が苦しいからといって、新たな借金をしてそのお金を返済に充てることだけはしないでください。

 

それよりも、月々の返済額を圧縮する方法を考えましょう。

その先には、完済というゴールがあります。

 

例えば、今より低い利息のおまとめローンで借金を一本化すれば、毎月の返済額が安くなる上、返済総額も少なくなるので、収入がアップしなくても完済への道筋が見えてきます。

 

さらに、おまとめローンの利用開始後に、完済を終えた消費者金融に過払いを請求すれば、払い過ぎたお金が戻ってきて余裕資金が生まれます。



弁護士による借金完済講座 無料相談バナー

ページの先頭へ