総量規制を超えた借金は、年収の3分の1を超えた金額をすぐ返済しなければいけませんか?

2010年6月18日に改正貸金業法が完全施行され、総量規制が始まりました。

総量規制とは、個人の年収の1/3を超えた金額の借入を貸金業者からできなくなるという決まりです。

年収600万円の人が貸金業者から借りられるお金は200万円までということです。

 

総量規制が始まる以前に年収の3分の1以上のお金を借りていたので急いで借金を返したいという人の声を聞きますが、年収の3分の1を超える借入れがあっても行政処分を受けることはないので安心してください。

すぐに年収の1/3を超えた金額を返済するよう求められることもありません。

ただし、貸金業者から新規の借り入れをすることはできなくなります。

 

特筆すべき点は、総量規制の対象外となるのは貸金業者による融資だけだということです。

つまり、銀行のローンは総量規制に関係なく利用することができるのです。

 

年収300万円の人が消費者金融A、B、Cから200万円を借りている場合、もっと利息が低い貸金業者を見つけたとしても全額を借り換えることはできません。

しかし、おまとめローンのような銀行が扱っているローンであれば、年収の3分の1にあたる100万円を超えた額でも融資を申し込むことができます。

 

借金を完済しようと考えている場合、総量規制に縛られない銀行のローンについて検討するのも良い方法です。

 

借金でお困りの方は、当事務所にご相談ください。まずはフリーダイヤルにお電話をください。

 

【合わせてお読みいただくと参考になるページ】

過払いを受け取って借金を完済する場合に注意すべき点とは?

借金を完済できない人に共通する特徴とは?

 


弁護士による借金完済講座 無料相談バナー

ページの先頭へ