退職金を受け取った夫が、妻に内緒で借金の完済に退職金を使い果たした例

サラリーマンが一生で一番まとまったお金を受け取るのは、退職金の支払いでしょう。

退職金を受け取ったら、借金の返済に充てたいと考えている方も多いと存じます。

 

とは言うものの、退職金で借金をすべて返済できるからといって無条件に借金完済をお勧めはできません。

「夫が退職金で借金返済をしたために、ご家族が苦労をしている」というご相談がありましたので紹介いたします。

 

そのご家族は、ご主人が退職金800万円を受け取り、香川・高松の住宅ローンの残り500万円を退職金から支払って住宅ローンを払い終えました。

奥様は、住宅ローンを無事に払い終えたことに喜び、残りのお金の管理は夫にまかせっきりでした。

 

翌年、息子が大学に合格したので入学金の支払い手続きをしようと夫に出金を頼むと、もう退職金は残っていないというのです。

 

驚いて話を聞くと、在職中にあちこちの消費者金融で借りた借金の返済に使ったとのこと。

フリーローンやキャッシングを計200万円以上、妻に内緒でしていたのです。

利息を含めて300万円近くに膨らんだ借金を払うと、退職金の残りはゼロ。

ご主人はまじめに借金を完済しようとする気持ちが強いあまり、手持ちの資金を使い果たしてしまったのです。

 

奥様は、雑誌の記事などで消費者金融からお金を借りると過払いが発生することがあるということを知っていたので、香川・高松の当弁護士事務所に相談に訪れました。

 

その結果、夫が退職金で完済した借金には、合計で350万円もの過払いが発生していたことが判明しました。

奥様が過払いについての基礎知識を持っており、機転を利かせたことが一家の悲劇を救ったのです。

 

まじめに借金を返済する気持ちはもちろん大事ですが、一括返済する前に過払いについて調べておくことが大事であると教訓となるケースでした。

 

 

【合わせてお読みいただくとお役に立つ情報】

生活費を切り詰めて完済する

債務整理で完済する

弁護士による借金完済講座 無料相談バナー

ページの先頭へ