自己破産をすれば、借金を返済し続けるより楽に完済できるので考えています

ご質問:

自己破産をすれば、借金を返済し続けるより楽に完済できるので考えています

弁護士からの回答:

自己破産をすると債務の返済が免除されますが、日常生活に制約が生じるので、良く考えてから自己破産するかどうかを決めてください。

 

借金の返済に苦しんでいる人は「コツコツ借金を返済しても、いつ完済できるかわからない。それならいっそ自己破産をしたい」と思ったことがあるかもしれません。

しかし、自己破産は借金返済の最終手段です。

自己破産を選択する前に、他に借金返済の方法がないか他の選択肢を探しましょう。

 

というのは、自己破産をすると、債務を免除される代わりに以下のようなデメリットが生じるからです。

◇信用情報に自己破産の情報が載り、破産をしてから7年~10年間は新規の借り入れができない

◇ほぼすべての資産を返済に充てるため、財産を手放さなければいけない。

◇破産者の氏名や住所が官報に載る

◇破産した人の本籍地の破産者名簿に記載される。

◇破産開始決定後から免責確定までの約3ヵ月間、資格が制限される職業がある。

 

特に生活に影響を及ぼすのは、財産のほぼすべてを失うことでしょう。

持家がある人は持家を手放さなければいけないなど、これまで築いてきた資産を失うため、その後の人生に大きな影響を及ぼします。

 

借金の返済をしなくても完済と同じように借金がゼロになる自己破産は、それだけ大きな代償を払わなければならないことを理解してください。

 

借金でお困りの方は、当事務所までご相談ください。ご家族に内緒でご相談にのります。まずはフリーダイヤルまでお電話ください。

 

弁護士による借金完済講座 無料相談バナー

ページの先頭へ