亡くなった父の借金を相続して、過払いを受け取りました

■自営業の運転資金にするために消費者金融でお金を借りていた父

私の家は香川・高松の商店街で自転車屋を営んでいましたが、近所に大型スーパーができたため、客足が激減してしまいました。

資金繰りのために父はあちこちの消費者金融でお金を借りていたようです。

その父は、健康を損なってもう店は続けられないと閉店しました。

生きがいがなくなったからでしょうか、店を畳んで半年もしないうちに父は亡くなりました。

死後に財産を調べると、驚いたことに父は、消費者金融で300万円以上の借金をしていました。

母はすでに他界しているので、一人っ子の私が相続することになります。

するとこの300万円の借金引は私が払わなければなりません。

 

■亡くなった父の借金を相続するべきかそれとも放棄か?

相続するべきか、それとも相続を放棄した方が得なのか?

香川・高松の弁護士に相談すると、過払いが債務より多い可能性があるので、相続放棄の結論を出す前に、過払いについて調べた方が良いと言われました。

その結果、債務より過払いの方が多いので、相続を放棄しないで借金も一緒に相続して、それから過払い請求することにしました。

 

■借金は負の財産からプラスの財産へと生まれ変わった

実際の手続きは弁護士がしてくれたので、私は印鑑証明や戸籍謄本を取りに行くなど、手続きに必要な書類の準備をしました。

一連の手続きの末、過払いを受け取り、消費者金融にあった300万円の借金は完済してゼロになりました。

父が店を守るために作った借金から発生した過払いは、もとはと言えば父が払ったお金の一部です。

お金を受け取った次の週、墓参りに行き、消費者金融に払い過ぎたお金は取り戻したから安心してと、父に報告しました。

 

 

【合わせてお読みいただくとお役に立つ情報】

厳しい取り立てで苦しめられたアイフルから過払いを取り戻し、借金を完済

アコムの借金を完済できて毎月自由に使えるお金が増えました

弁護士による借金完済講座 無料相談バナー

ページの先頭へ