借金完済のために抑えるべきポイント:低金利のローンに借り換えしやすい環境を作ろう

借金完済のためには、高金利の借金を整理してできるだけ低金利のローンに借り換えることが重要ということを、こちらのページでお話いたしました。

 

次に大事なのは、「低金利のローンの借り入れをしやすい環境を自分で作る」ということです。

知らず知らずの間に、自分からローンを借りにくい環境を作り出していませんでしょうか?

借金完済のために、低金利のローンの融資を受けるために日常生活で気を付けるべきポイントを申し上げます。

 

ローンの申し込みを頻繁に行わない

ローンの申し込みをして審査に通らなかった場合、ある程度の期間を空けてから借金の申し込みを行いましょう。

申し込み先の業者を変えても申し込みの履歴は一律で管理され、残っております。

頻繁に申し込みをするというのは、お金に困っているという様に思われてしまい、金融業者から「返金が滞るお客様かもしれない」と見られてしまいます。

金融業者からすると、そのようなお客様とは取引を行ないたくないので、ローンの申し込み、借金の申し込みは頻繁に行わないようにしましょう。

 

同時期に多数の金融機関にローンを申し込まない

どれか一つぐらいは審査に通るのではないか?

と期待して、いろいろな金融機関に同時期にローンの申し込みをするのは避けるべきです。

どこの会社にいつどのような借入を申し込んだか、審査の結果はどうだったかということは、すべてあなたの信用情報に一定期間記録が残ります。

例え、審査の結果が良好でも、複数の金融業者に借金の申し込みをしているというのは金融業者から「お金に困っているのだろうか?」と見られ、「借金を完済してもらえるのだろうか?返してもらえないのではないか?」と思われてしまい、借金が出来なくなります。

 

借金の借り換えの前に転職しない

金融機関は、融資をする際に年収のほかに職種や勤続年数も考慮します。

10年務めた会社をヘッドハンティングされて退社、年収が2倍に増えても、まだ勤め始めて数ヶ月という場合、勤続年数が短いのは借り手にとってハンディになります。

借金完済のために借り換えをしたい方は、ローンの審査が通ってから転職活動を進めれば安心です。

 

借金でお困りの方は、香川・高松の当法律事務所までご相談ください。まずはフリーダイヤルにお電話ください。

 

【合わせてお読みいただくとお役に立つ情報】

自分の借金はいつ完済出来るのだろうか?

借金を完済する為に借換えを利用するなら、どんな消費者金融を選べばよいか?

退職金をもらい借金を完済する

消費者金融へ交渉して借金完済する 


弁護士による借金完済講座 無料相談バナー

ページの先頭へ