過払いを受け取って借金を完済する場合に注意すべき点とは?

契約にしたがって借金を返す以外に、もっと早く確実に完済する方法として、過払いを受け取ってそのお金を完済に充てることができます。

過払いとは、貸金業者が法定利息より高い金利でお金を貸付けたために生まれた、本来払う必要のないお金です。

それを受け取って借金を完済する計画を立てている方は、以下の点にご注意ください。

 

債務(借りているお金)より過払いの方が多いか?

もし借金の方が金額が多ければ、借金が残るので完済という目的を達成することができません。

 

信用情報はどうなるか?

貸金業者に払い過ぎたお金と借金を相殺しても元金が残ると、債務整理をしたという記録が信用情報に残ります。

このようにして信用情報が低下することにより、新たな借金の借入が一定期間できなくなります。

 

法律事務所への手数料と相殺した過払いの金額で考えているか?

法律事務所では、依頼人から一任されて請求する手続きを行なう代わりに報酬を得ます。

多くの場合、貸金業者から払い過ぎたお金がいったん法律事務所の銀行口座に振り込まれ、そこから報酬を差し引いた金額が依頼人に支払われます。

任意整理を行った場合は、別途弁護士に別途費用がかかることもあります。

 

借金を完済するには、依頼人が受け取る過払いから諸費用を引いた額で考えなければいけません。

フリーソフトなどを使ってシミュレーションし「100万円あるから借金を楽に完済できる」というように安易に捉えず、弁護士などの専門家に相談するのが最も確実と言えるでしょう。

 

過払いのご相談は、香川・高松の当弁護士事務所までご相談ください。まずはフリーダイヤルにお電話ください。

 

 

【合わせてお読みいただくとお役に立つ情報】

自分の借金はいつ完済出来るのだろうか?

借金を完済する為に借換えを利用するなら、どんな消費者金融を選べばよいか?

退職金をもらい借金を完済する

消費者金融へ交渉して借金完済する

 

弁護士による借金完済講座 無料相談バナー

ページの先頭へ