金利が18%以上の方へ

 

借金の金利が18%以上の方へ

 

ずばり、あなたの金利は高すぎます。

実は18%よりも高い金利は違法な金利です。

 

ではなぜ違法なのでしょうか。

実は、消費者金融が消費者にお金を貸す際にその金利の上限を定める利息制限法という法律が存在します。

ここで、利息制限法で定められている金利の上限を確認してみましょう。

同法で定められている金利の上限は、以下の3つに場合分けされています。

 

①     元本が10万円未満の場合:年20%

②     元本が10万円以上100万円未満の場合:年18%

③     元本が100万円以上の場合:年15%


ではなぜ冒頭で18%といったのかと言いますと、ほとんどの場合に借金額が②の「元本が10万円以上100万円未満の場合」であるので、まず18%と考えて良いからです。

 

このように利息制限法で金利の上限が定められているにもかかわらず、その上限を超えた金利で契約していた場合、その金利は契約時に同意していたとしても無効であり、超過分に対しては消費者に支払い義務がありません(契約書よりも法律の方が強いからです)。

また、すでに支払ってしまった違法な金利分のお金は「過払い金」と呼ばれ、金融業者に対して返還の請求を行うことができます。

 

では、この法律に基づいて借金の状況を正すにはどうすればよいのでしょうか。

 

これからの支払い

まだ残っている借金の金利を適法な金利(18%)に直すのはとても簡単です。良心的な会社は自分から「金利を下げましょう」と申し出てきます。

そうでない場合も、電話で現在の自分の金利が違法であることを伝えるとすぐに下げてくれる会社がほとんどです。

 

過払い金

既に支払ってしまった超過分の利息は「過払い金」と呼びますが、その返還を請求することは「過払い請求」と呼びます。

この請求は、金利を18%に下げる手続きと違い大変な手間と知識が必要です。

裁判に発展することも良くあります。

 

過払い金はすでに支払ってしまっているお金なので、消費者金融はそれを出来るだけ返さないでおこうとしますし、実際に裁判では様々な切り口で抵抗をしてきます。

消費者金融は専門家です。私は素人が相手をして返ってくるはずのお金も逃してしまった事例も知っています。

やはり、専門家に対しては専門家が相手をするのが望ましいと思うので、過払い金の見込み金額なども含めて香川・高松の当事務所に一度ご相談いただければと思います。

 

 

【合わせてお読みいただくとお役に立つ情報】

借金を完済する為に借換えを利用するなら、どんな消費者金融を選べばよいか

退職金をもらい借金を完済する

債務整理で借金を完済する
 
  弁護士による借金完済講座 無料相談バナー

ページの先頭へ